肩こり・腰痛・産後の骨盤矯正、手足の冷えなど日常でのお悩みはお任せください!

     服部天神駅から徒歩3分 

土曜日の夜・祝日も開院

お気軽にお電話ください
TEL 06-6865-5667



症状別ページ

腰痛

腰痛は筋肉の硬さ、関節の硬さが原因になっており、マッサージなどの治療を施す事によって痛みを和らげる事ができます。 年齢や性別、生活習慣によって発生しやすい症状ですが、早期に治療する事ができれば痛みも改善する事ができるのでご安心ください。当院では、手技治療で筋肉を緩め、痛みを和らげる他に鍼灸治療、ハイボルト治療を行い、早期に痛みの改善を目指します。

長引く腰痛の場合・・・

筋肉を緩める治療を行なっても、なかなか痛みが改善されない、その時はいいけどすぐに再発、戻ってしまう。その場合は原因は筋肉ではない可能性があります。その場合は姿勢写真を撮って姿勢を分析し、痛みを作り出してしまう原因を突き止めます。長引く腰痛のは反り腰になる事で筋肉が硬くなりやすいバランスになっている事が原因になっている事が多いです。姿勢、バランスが崩れているのは筋力不足と骨盤の歪みから引き起こされます。楽トレ(インナーマッスルを筋トレできる機械)と骨盤矯正を行い、再発しにくい身体を目指した治療を行う事が当院ではできます。

手のしびれ

手のしびれは首から出る神経が圧迫される事によって発生します。なので圧迫している原因を取り除くことで症状は改善されます。 神経が圧迫される箇所で多い場所は、首の関節、鎖骨の上あたり、胸の前あたりで圧迫されるので周囲の筋肉を緩める事で塞がれた神経のトンネルを広げていく事でしびれが取れていきます。また、しびれは腱鞘炎やバネ指といった手先の症状にも関係するので早期に治療する事をオススメします。

長引くしびれの場合・・・

しびれと言っても原因は様々で、症状が進行している場合が多く、簡単に改善しない場合も見られます。理由として①圧迫される箇所が何箇所もある事②肩、首のねじれ方によって影響がある③生活習慣によって圧迫が戻りやすい など身体の原因も生活の原因も特定しにくい場合は長引く事が多いです。しっかりとヒアリングを行い、姿勢分析から早期に原因を見つけて改善する事を目指します。

寝違え

寝違えは筋肉に負担がかかり硬くなった筋肉を捻って痛めてしまう場合もあります。ですが、首が回らなくなった、動かせないほどの強い寝違えの場合は神経を痛めて発生している事がほとんどです。なので頸椎から出る神経に負担をかけている周りの筋肉を緩める事で神経が早く回復するように治療していきます。寝違えに特に効果を発揮するのが、ハイボルトです。ハイボルトは神経の炎症を抑える働きがある治療なので痛めて炎症が起きている神経を沈める効果があります。なので寝違えになられた方も治療で痛みを楽にできるのでご安心ください。

なかなか痛みが引かない場合・・・

炎症自体は2、3日で軽減する事がほとんどなので寝違えで長引くとしても1週間以内には軽減来るはずです。ですが1週間以上経過する場合、繰り返し負担をかけてしまい再発を繰り返しているか、頸椎ヘルニアや強度の頸椎症の可能性があります。症状自体を見た時には慎重に状態を確認していかなければならないですが、治療して軽減させる事ができるのでその不安を減らす事ができるので一度ご来院してください。


膝痛

膝の痛みは年齢問わず発症する方がおられます。

スポーツによる負傷であったり、交通事故、加齢による骨粗鬆症など原因は様々です。


痛みがで出すと繰り返す膝痛なので重症になる前に対処していかなければなりません。膝に付着する筋肉が緩めば痛みは取れていくので筋肉を緩めるアプローチをしていきます。


なかなか痛みが引かない場合・・・

膝関節の痛みがなぜ繰り返すのか?それは膝以外に原因があるからです。その理由は膝が上半身を常に支えている関節という特徴にあります。


そして膝の上に股関節、骨盤があり、そこに原因があることがほとんどです。


なので繰り返す膝痛の方は膝以外の原因を治す事で根本解決する事ができます。股関節等の可動域の検査をして膝に悪影響がないかを見極めて骨盤矯正ハイボルト治療等を用いて当院では治療を行なっていきます。


坐骨神経痛

坐骨神経痛の原因には様々なものがあり、例えばヘルニア、脊柱管狭窄症、梨状筋症候群など坐骨神経痛とは言えど、何が影響受けて神経痛になっているのかは患者様それぞれになっています。

神経痛についてはただ筋肉を緩めるだけではなかなか改善しにくいです。その理由としては神経の出所は脊柱(背骨)から出ているので骨に対して影響を減らさなければ神経に対しての影響も減りません。筋肉を緩めることで、関節に負担を減らすことができますが、状態によっては大きな変化が見られないことがあります。


長続きする場合…

根本的には関節に負担をかけない体にすることが最終的な目標になります。骨のズレが原因であるのか、筋力バランスによって引き起こされた関節の負担なのかを見極め骨盤矯正や、楽トレで姿勢改善をすることで坐骨神経痛を改善することができます。

こむらがえり

こむら返りの原因には栄養不足や水分不足冷え循環の悪さなどいろいろな要因を持った症状です。

水分を多く取ったり、栄養摂取を見直したりとの色々な対策をとって何も変化しなかった場合は腰からの神経症状として発生している可能性があります。

腰の柔軟性を高めることで神経の圧迫を取り除けば神経の働きが良くなりこむら返りを改善することもあります。


長引く場合...

姿勢写真から腰にかかる負担の原因を分析し改善させることでこむら返りの影響が出ることがあります。色々な要因を含んだ症状ではあるので一度検査をされてみてはいかがでしょうか。


産後ケア

出産と言うのは人生の何十年の中で約10ヶ月という短期間で身体に大きな変化をもたらします 赤ちゃんがお腹の中にいる事で重心の位置は変化し、歩き方の変化、骨盤の開きなど数えきれないほどの変化になります


身体は出産後にすぐ戻るわけではありません  

 無理して重心を保っていた筋肉、お腹に赤ちゃんを支えるために使っていた筋肉や骨があったり、骨盤の開きは自己修復だけでは回復仕切れない部分もあります  なので産後ケアをする事で自然に回復する力、大きく変化した身体を本来の身体に近づけれるように施術を通してサポートしていきます 


骨盤矯正のページはこちら

五十肩

肩の痛みにも肩関節自体が悪くなったり、肩の高さ、姿勢の崩れから出る痛み、石灰が沈着して出る痛みなどがあります。

痛みはなくても肩の動く範囲が狭い状態は危険信号で、のちに関節の拘縮につながる可能性を秘めています 普段とは違う違和感であったり、手の挙げづらさ異変を感じたら早めに処置をおすすめします。 拘縮してしまうと短期では改善は難しくなります 軽度な症状のうちに改善させましょう。


特に五十肩の治療に適しているのが、ハイボルト治療・検査を行う事によって何が原因で痛みになっているのか調べる事ができます。